多汗症のワキには

イメージ

Topics

意外に多い多汗症

多汗症の主な症状は、ワキ汗・掌の汗です。
そもそも多汗症とは、アポクリン汗腺を含めて通常よりも汗の分泌される量が多いものを言います。痛みなどは特になく、病気であると認知されていないことも多い多汗症ですが、厚生労働省からの認可もきちんと受けており、病気だと認められています。
多汗症の人は、自分が多汗症だと思うあまり、汗に対し緊張してしまったり、ストレスを感じさらに汗をかいてしまうというような悩みを持つ人が少なくありません。
前述のとおり、多汗症は病気なわけですから、一人で悩まずに、医師の診断を受けることをおすすめします。

わきの汗の悩みとは?

多汗症で悩む人のほとんどは、わきの汗に悩んでいます。
多汗症の原因としては、不安・緊張などの精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの乱れ等が挙げられます。その他の多汗症として、手掌多汗症というものもあります。
この症状は、掌、指末端からの多量の汗の分泌をいいます。この手掌多汗症は原因が不明で、治療法としては交感神経をブロックするといった方法があります。(ボトックス注射・ゼオミン注射)

わきの多汗症にお悩みの方は、すぐに医師の診断を受けることをおすすめします。「ただの汗っかきだから・・・」や「なんとなく恥ずかしいから・・・」と一人で悩む必要はありません。多汗症は厚生労働省に認可されたれっきとした病気なのです。
多汗症の人の多くは、多汗症であることを気にするあまりさらに汗をかいてしまいさらに緊張するといった負の連鎖を起こしているケースが多いです。最近では、多汗症専門のクリニックも大変多くなってきています。
一度医師の診断を受け話を聞いてもらうことだけでも、症状の改善につながるかもしれません。